足のむくみに拳上は効果的なの?

スポンサードリンク

足のむくみに拳上が効果的って本当?

足のむくみに対して挙上が効果的という話がありますが、どうなのでしょうか?

 

心臓よりも高い位置に手や足を上げることを拳上と言います。

 

足のむくみに挙上が良いなら、忙しくてなかなか時間が取れない人にも簡単にできますよね。

 

ここでは、足のむくみに対する挙上の効果性や、やり方についてご説明します。

足のむくみに効果的な挙上とは?

足のむくみがある人は、仰向けになって体を水平にしてから足を拳上すると良いでしょう。

 

足のむくみは、体全体の血流が悪くなって心臓から離れている下肢の血流が滞ってしまうことで起きます。

 

ですから、体を水平にして足を拳上するだけで、自然に血液が心臓の方へ移動することになり、血流が良くなります。

 

拳上して、寝ている間に血流が良くなって、目が覚めた時には足のむくみが改善されていればこれほどいいことはありませんよね。

 

挙上は、血液のほかにリンパ液も一緒に移動しますので腎臓の負担も軽減されます。

 

ただし、足のむくみを改善するためには、寝具によっても効果の出方に差が出ることもありますので寝具にも気を付ける必要があります。

 

あまり柔らかい寝具は、一番下がった部分に血液が溜まってしまうので、実際に寝て見て、体があまり深く沈みこまないものを選びましょう。

足のむくみに拳上は日中にやっても効果的?

足のむくみは、日中の休憩時間に挙上するだけでも、ある程度の効果があります。

 

仕事の内容や場所によっても違うと思いますが、横になるスペースがあれば短い時間でも拳上することで足のむくみの改善が期待できます。

 

足を伸ばすスペースが無い狭い場所では、空中で自転車をこぐような動きをすることで下肢全体の血流を良くすることができます。

 

ちなみに、職場などで椅子に座って足を拳上すると、下腹部に血液が溜まりやすくなります。

 

また、腹部に脂肪や老廃物が溜まってしまので太る原因にもなるのでおススメしません。

 

拳上は、寝る時に行うことが時間も長く、ゆっくりと血液が体中をリンパとともに巡るので一番効果があります。

 

では、寝る時に効果的な拳上とはどのような状況が良いのでしょうか?

 

足のむくみを改善するためには、仰向けに寝て足を5〜10cmくらいの高さにするようにしてください。

 

使わない枕や座布団を折りたたんで、足の下に置いて調整してみて下さい。

 

次に大切なのは、適切なベッドや敷布団などを選ぶことです。

 

血液はほとんどが水分ですから、低い方へ流れていきます。

 

なので、柔らかいベッドや敷布団を使用すると拳上しても、その後には体の一番低い所へ血液が溜まってしまいます。

 

そうすると、足のむくみ改善が低下してしまいます。

 

マットレスや敷パッドを使用してベッドや敷布団の硬さを調整してあげるだけでも効果があります。

スポンサードリンク

関連ページ

ツボ押し
足のむくみにツボ押しが効果的だという話がありますが本当でしょうか?ここでは足のむくみとツボ押しの関係についてご説明します。
アロマ
足のむくみにアロマが効果的だという話がありますが本当でしょうか?ここでは足のむくみとアロマの関係についてご説明します。
サウナ
足のむくみにサウナは効果的なのでしょうか?ここでは足のむくみとサウナの関係についてご説明します。
ストレッチ
足のむくみにストレッチが効果的という話がありますがホントでしょうか?ここでは足のむくみとストレッチの関係についてご説明します。
湿布
足のむくみに湿布が効果的という話がありますがホントでしょうか?ここでは足のむくみと湿布の関係についてご説明します。
足湯
足のむくみに足湯が効果的だと言われていますが、その理由は何でしょうか?ここでは足のむくみと足湯の関係についてご説明します。