足のむくみにはストレッチが良いの?

スポンサードリンク

足のむくみにストレッチが良いのはホント?

足のむくみに悩んでいる方で、ストレッチをやっているという方は多いのではないでしょうか。

 

立ち仕事や座ったままで長時間の仕事をしていると、足のむくみが出やすくなりますよね。

 

そんな時に、ストレッチをすると良いという話は、けっこう一般的なのでしょう。

 

ところで、ストレッチというと、何か特別なことをするように考えてしまいませんか?

 

ところが、ストレッチにもいろいろあるので自分でも限られた場所で出来るものもあります。

 

職場でもちょっとした時間あればできるものや、家庭でも家事をしながら合間にできるストレッチもあるのです。

 

ここでは、足のむくみとストレッチの関係性、そして自分でも簡単にできるストレッチをご紹介していきます。

足のむくみとストレッチの関係性とは?

足のむくみとストレッチの話の前に、そもそも足のむくみが出やすいのは、なぜでしょうか?

 

一般的な足のむくみと言えば、体の筋肉の中でも、足のふくらはぎの筋肉が本来の能力を発揮できないことが原因しています。

 

足のふくらはぎの血管内には弁があり、それによって血液が重力で下がらないような構造になっています。

 

そのため、ふくらはぎをストレッチで刺激することで、弁の動きを活発化させ、血液が心臓の方へ向かうことを促し、足のむくみの改善につながるのです。

 

また、足のストレッチは、ふくらはぎはもちろんのこと、普段なかなか動かさない筋肉を動かして刺激してあげることができます。

 

ストレッチをすることで、全身の血流も良くすることが出来るので、新陳代謝も活発になります。

 

では、足のむくみに効果的なストレッチについて説明していきます。

足のむくみを解消するための簡単ストレッチ

足のむくみを解消するために、簡単にできるストレッチをご紹介しましょう。

 

まず、仕事のために長時間椅子に座って作業などをしている方の足のむくみから行きましょう。

 

椅子に座って仕事をしている方は、「つま先を立てるストレッチ」を行うことが出来ます。

 

まず、ほんの少し休憩を取って、椅子に座ったまま爪先立ちの状態を作りましょう。

 

次に、その状態から足の甲を前に向けるような感じで伸ばし、15〜20秒ほどキープします。

 

次に、爪先立ちの状態から、今度はゆっくりと足の裏を床につけましょう。

 

かかとが床に着いたら、今度は、つま先を足のすね向かって引き上げるようにして10秒くらい止め、ゆっくりと床に戻す動作を繰り返します。

 

仕事中、気が向いた時に数回行うことで、血流が良くなるので足のむくみを起こしにくくなります。

 

続いて、立ち仕事をしている方に向いているストレッチをご紹介します。

 

まず、その場で、両手を思いきり上に伸ばして体全体を持ち上げるようにしましょう。

 

10秒ほど背伸びをしたら、今度は一気に脱力します。これを数回繰り返しましょう。

 

その他に、ふくらはぎを揉んであげることも、足のむくみにはとても効果があります。

 

一日の内に数回、定期的に行うことが大切です。

スポンサードリンク

関連ページ

ツボ押し
足のむくみにツボ押しが効果的だという話がありますが本当でしょうか?ここでは足のむくみとツボ押しの関係についてご説明します。
アロマ
足のむくみにアロマが効果的だという話がありますが本当でしょうか?ここでは足のむくみとアロマの関係についてご説明します。
挙上
足のむくみに挙上が効果的だという話がありますが本当でしょうか?ここでは足のむくみと挙上の関係についてご説明します。
サウナ
足のむくみにサウナは効果的なのでしょうか?ここでは足のむくみとサウナの関係についてご説明します。
湿布
足のむくみに湿布が効果的という話がありますがホントでしょうか?ここでは足のむくみと湿布の関係についてご説明します。
足湯
足のむくみに足湯が効果的だと言われていますが、その理由は何でしょうか?ここでは足のむくみと足湯の関係についてご説明します。