足のむくみに湿布は効果があるの?

スポンサードリンク

足のむくみに湿布が効果的というのはホント?

湿布と言えば、ほとんどの方が一度や二度は使ったことがあるでしょう。

 

中には、足のむくみで、ふくらはぎが腫れている時に使ったことがある方もいるかも知れませんね。

 

湿布には「冷湿布」と「温湿布」があります。

 

足のむくみに限らず、目的によってどちらを選ぶかによって効果も違ってきます。

 

筋肉痛のように患部が熱を持っている時には冷湿布を貼るとすごく気持ちがいいですよね。

 

肩こりや腰痛などで患部を触って熱を持っている場合は「冷湿布」が効果を発揮します。

 

一方、冷え性などで筋肉が冷えて固まっている場合には「温湿布」が効果的です。

 

では、足のむくみには、どちらの湿布が効果的なのでしょうか?

 

ここからは、足のむくみと湿布の関係性と効果について説明していきます。

足のむくみに効果的な湿布はどれ?

立ち仕事をしている方は、仕事を終えて家に帰ったとき、足のむくみでパンパンになって痛くなっているのを経験したことがあると思います。

 

血行不良になると、下肢に水分や老廃物が上半身へ戻す力が弱くなります。

 

そのため、行き場の無くなった水分や老廃物が溜まって足のむくみが出てしまうのです。

 

このような足のむくみに役に立つのが、「湿布」を貼ることですよね。

 

貼った時には気持ちよく感じますが、湿布の効果を発揮するのは、温湿布、冷湿布のどちらの湿布を使用するかによって大きく異なります。

 

足のむくみが出やすいのは血行不良だということは説明しましたが、ふくらはぎがパンパンになってしまう方は冷え性が原因になっている可能性が高いです。

 

そのため、冷え性の方が血行を良くするためには患部を温めてあげることが大切になります。

 

つまり、温湿布が効果的というわけです。

足のむくみを湿布で効果的に改善する方法

足のむくみに対して湿布をどのように使うのが良いのかをご説明しましょう。

 

まず、湿布を使う上での注意点ですが、かゆみを経験したことのある方は、赤ちゃんにも優しい湿布が販売されていますので利用してください。

 

冷え性によって足のむくみが起きやすくなっている方は、硬くなった筋肉をほぐすためにも温湿布を使うと良いでしょう。

 

また、足裏には体中のツボが集まっており血管も多く通っています。

 

足のむくみには、就寝前、足裏に貼ることで湿布の効果が長続きします。

 

ふくらはぎは大きな湿布でもいいですが、足裏に貼る時には小さなものを使うか半分に切ってから貼ってください。

 

湿布を貼る場所は、親指の付け根の少し盛り上がっている部分と土踏まずのところです。

 

親指の付け根には甲状腺のツボがあり、土踏まずのところには腎臓や腸のツボがあります。

 

この2つのツボに温湿布を貼るだけで、眠っている間に血流が良くなり、余分な水分や老廃物も処理されることになります。

 

朝には足のむくみも気にならなくなっています。

 

足裏は湿布が剥がれやすいので、心配な方はテーピングで固定しておくと安心して眠ることが出来ます。

スポンサードリンク

関連ページ

ツボ押し
足のむくみにツボ押しが効果的だという話がありますが本当でしょうか?ここでは足のむくみとツボ押しの関係についてご説明します。
アロマ
足のむくみにアロマが効果的だという話がありますが本当でしょうか?ここでは足のむくみとアロマの関係についてご説明します。
挙上
足のむくみに挙上が効果的だという話がありますが本当でしょうか?ここでは足のむくみと挙上の関係についてご説明します。
サウナ
足のむくみにサウナは効果的なのでしょうか?ここでは足のむくみとサウナの関係についてご説明します。
ストレッチ
足のむくみにストレッチが効果的という話がありますがホントでしょうか?ここでは足のむくみとストレッチの関係についてご説明します。
足湯
足のむくみに足湯が効果的だと言われていますが、その理由は何でしょうか?ここでは足のむくみと足湯の関係についてご説明します。