足のむくみに足湯が効果的な理由は?

スポンサードリンク

足のむくみに足湯は効果的?

足のむくみに足湯というと、とても効果がありそうな気がしませんか?

 

足湯って、少し前までは温泉地で目にするくらいでしたが、今では観光地や市街地のスパなどでも見かけることが多くなりましたよね。

 

足湯は、椅子などに座った状態で、足のふくらはぎの中ほどの高さまでお湯に浸かります。

 

そのことで、全身の血流を良くすることができ、もちろん、足のむくみにも効果的です。

 

足のむくみに悩んでいる高齢者の方も、足湯ならとても手軽なので、安心して利用することができますね。

 

これから、足のむくみに対する足湯の効果について説明していきます。

足のむくみに足湯が効果的な理由は?

足湯が足のむくみに効果を発揮してくれる具体的な理由は何でしょうか?

 

まず、足湯は、全身浴に比べて心臓や肺などにかかる負担が少ないですし、時間をかけて血行を良くすることで全身を温めることが出来ます。

 

全身の血行が良くなれば、足のむくみの原因になる水分や老廃物を効率よく処理することが出来ます。

 

そのため、足湯は、足のむくみの改善にとても効果的だと言えるでしょう。

 

また、足先は心臓から遠くにあることで冷えやすい状態になり、血流も滞りやすいので「むくみ」が起きやすくなってしまいます。

 

足湯は、とてもリラックス効果が高いので、それによって滞った血流がスムーズに流れてくれます。

 

血流が良くなると、体温維持するために熱を発生させている肝臓の負担が少なくなります。

 

肝臓の調子が上がれば、足のむくみの原因となる老廃物も余裕をもって処理することが出来るので免疫力も上がってきます。

 

足湯は、足のむくみの解消だけでなく、全身のいろいろな場所を元気にしてくれるものなんですね。

足のむくみを足湯で効果的に改善する手順

足のむくみを効果的に解消できる「足湯のやり方」についてご説明しましょう。

 

まず、足湯は足が余裕で入るくらいの少し大きめのバケツを1つ用意しましょう。

 

もちろん、足湯用の「フットバス」なども販売されていますので、それを活用するという方法もあります。

 

ただし、ここでは、足のむくみを誰でも手軽に解消するという意味でバケツで説明します。

 

足湯で次に用意するのは、バケツに入れる38〜42度のお湯。

 

それと、足を拭くためのタオル。

 

そのほかには、湯温が下がった時に備えて「差し湯」も準備しておくと良いでしょう。

 

お湯の量は、ふくらはぎの中ほどまであれば十分です。

 

足のむくみ解消のためにおすすめの足湯のタイミングは、リラックス効果が高くなる就寝時間の30分くらい前が良いでしょう。

 

これで、足のむくみの予防と改善ができます。

 

足湯は10〜20分くらい気持ちをリラックスさせながら行うと良いでしょう。

 

この時に好みのアロマを数滴ほど入れることで、リラックス効果はもっとアップします。

 

足湯は足のむくみの予防や改善のほかにも精神的なリラックス効果を生み出します。

 

ですので、就寝前にテレビを見ながらでも行っても良いですね。

 

ぐっすりと快眠できれば、足のむくみの原因の一つと言われるストレスも解消することが出来ますよ。

スポンサードリンク

関連ページ

ツボ押し
足のむくみにツボ押しが効果的だという話がありますが本当でしょうか?ここでは足のむくみとツボ押しの関係についてご説明します。
アロマ
足のむくみにアロマが効果的だという話がありますが本当でしょうか?ここでは足のむくみとアロマの関係についてご説明します。
挙上
足のむくみに挙上が効果的だという話がありますが本当でしょうか?ここでは足のむくみと挙上の関係についてご説明します。
サウナ
足のむくみにサウナは効果的なのでしょうか?ここでは足のむくみとサウナの関係についてご説明します。
ストレッチ
足のむくみにストレッチが効果的という話がありますがホントでしょうか?ここでは足のむくみとストレッチの関係についてご説明します。
湿布
足のむくみに湿布が効果的という話がありますがホントでしょうか?ここでは足のむくみと湿布の関係についてご説明します。