バジルソースの作り方と使い方!保存方法のコツとポイントは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

バジルソースの作り方をご存知ですか?

 

市販品を使ったことはあっても、自宅で手作りしているという方は多くはないかもしれませんね。

またバジルソースを作ってみても、どんな使い方ができるの?と疑問をお持ちの方もいるでしょう。

 

そこで今回はバジルソースの作り方や使い方について詳しくご説明します。

最後に、作ったバジルソースの美味しさを長持ちさせる保存方法のコツやポイントについてお伝えしますので、是非楽しみにお読みくださいね!

バジルソースの作り方!松の実なしでも出来るの?

では、バジルソースの作り方について、早速ご紹介しましょう。

 

実はバジルソースは少ない材料で作ることができてとっても簡単なうえに、市販のバジルソースに使われている松の実がなくても作れちゃうんです!

市販のバジルソースも美味しいけど、常備するには少しお値段が張ってしまうのが悩みの種ですよね。

 

ご家庭でバジルを育てているのであれば、自分でバジルソースをつくってみましょう。

自家製のバジルソースは作り方が簡単なのに、とっても香り高くフレッシュで美味しいんですよ。

 

それでは初めての方でも簡単に作れる、自家製バジルソースの作り方です!

 

【基本のバジルソース 準備するもの・200ml分】

  • 密閉できる瓶
  • ミキサー
  • バジルの葉 30グラム(約30枚)
  • ニンニク 2辺
  • 粉チーズ 大さじ3
  • 塩    ひとつまみ
  • オリーブオイル 100cc
  • オリーブオイル 大さじ2

 

1・バジルの葉はさっと洗って水気を拭き取ります。

2・ニンニクは皮をむいて、包丁の腹で潰し芽を取り除きみじん切りにします。

3・ミキサーにミキサーにバジルの葉、ニンニク、粉チーズ、塩、オリーブオイル100ccを入れてスイッチオン。

4・ペースト状になったら瓶に移し、最後に空気に触れさせないためにオリーブオイル大さじ2を入れて蓋をしたら完成です。

 

いかがでしたか?

ミキサーで混ぜるだけなので、とても簡単ですよね!

 

使うバジルの葉は、古いものだと雑味が出てきてしまうので、なるべく若い葉を使うようにしましょう。

より市販のバジルソースに近づけたい場合には、食感を加えるためにナッツ類を一緒にミキサーすると良いですよ。

 

松の実の代わりに、ピーナッツ(ピーナッツバター)、くるみ、カシューナッツなど甘みの無いナッツ類を加えるだけで市販の味にぐっと近づきます!

 

また、ミキサーをお持ちでない場合には「すり鉢」でも代用できます。

少し大変かもしれませんが、よりなめらかなペーストにしたい場合にもすり鉢は有効です。

 

我が家では、先にバジル以外の材料とナッツを細かくミキサーで砕き、バジルの葉は少しミキサーにかける時間を少なくした「粗めのバジルソース」が人気です。

野菜と軽く和えるだけでも、風味がとっても豊かになって簡単にお料理のランクが上がって家族も大喜びなんですよ。

 

基本的には塩・ニンニク・チーズは風味をつけるためなので、お好みで量を調節してご自分の好みの味を探してみてくださいね。

 

好みの味を見つけられたら、大量に作ってお料理にどんどん活用したいですよね!

 

バジルソースは、パスタに和えるのが基本かな、と思いがち。

ですが、このソースは万能なのでどんなお料理にも合ってしまうんです。

 

ここからはどんな活用方法があるのか、人気のレシピも合わせてご紹介します!

 

関連記事

 

バジルソースの使い方!レシピで人気のものを3つご紹介!

バジルソースといえば、最初に思い浮かぶのはパスタですよね。

 

でも自家製でバジルソースを作ったのであれば、いろんなお料理に使わないともったいないですよ。

そこで、初心者でも簡単に作れるアレンジや、人気のレシピを3つご紹介します!

 

誰でも作れるくらい簡単なのに、子供が喜ぶ!鶏のバジルチーズ焼き

【準備するもの 2人分】

  • 鶏むね肉 1枚
  • 塩コショウ 少々
  • 小麦粉 少々
  • ピザ用チーズ 50g
  • 自家製バジルソース 大さじ3
  • オリーブオイル 適量

 

1、鶏むね肉を食べやすい大きさに切り分け、塩コショウをして小麦粉をまぶす。

2、フライパンにオリーブオイルをひき、鶏むね肉を強火で3分、皮目から焼く。

3、火を弱めて中火で5分、蓋をする。

4、焼き目がついたら裏返し、お肉を中央に寄せてバジルソース、チーズの順番でのせて、蓋をして5分置く。

5、火を止めて、器に盛り付けたら完成です!

 

加熱時間は目安なので、中までしっかりと火が通るように調理してくださいね。

バジルソースにもチーズが入っていますが、ダブルでチーズをいれることで香りも味も深くなり、大人から子供まで大好きな味になりますよ。

 

いつもの味がランクアップ!バジルのポテトサラダ

【準備するもの 2人分】

  • 耐熱容器
  • 塩コショウ 少々
  • じゃがいも 2個
  • ゆで卵   1個
  • ベーコンスライス 2枚
  • バジルソース 大さじ1
  • マヨネーズ 大さじ2

 

1・ゆで卵は沸騰したお湯から8分で、少し硬めの半熟卵がおすすめです!

2・じゃがいもは皮をむいてサイノメ切りにし、耐熱容器に移してラップをかけて電子レンジ600Wで5分温める。終わったら軽く混ぜ、さらに3分温める。

3・ベーコンはキッチンペーパーではさみ、電子レンジ600Wで1分加熱する。

4・少し大きめのボウルなどの容器でじゃがいもをマッシュし、マヨネーズ・バジルソース・ゆで卵、ベーコンの順番に加えながらまぜる。

5・器に盛り付けたら完成です!

 

コツは最後の混ぜるタイミングであまり崩しすぎないように、食感を残したいものを後から入れることなんですよ!

ポテサラはそのまま食べても、トーストに乗せてもおいしいです!

 

バジルソースと相性抜群!ナスとトマトの豚炒め

【準備するもの 2人分】

  • ナス 2本
  • トマト 1個
  • 豚コマ 100g
  • ニンニク 1片
  • 塩コショウ 少々
  • 調理酒 大さじ1
  • オリーブオイル 大さじ1
  • バジルソース 大さじ2

 

1・ニンニクは皮をむき、包丁の腹でつぶしてみじん切りにします。

2・ナスとトマトは少し大きめにぶつ切りにします。

3・フライパンにオリーブオイルをひき、弱火でニンニクを温めます。

4・ニンニクの香りがたってきたら中火で豚コマと酒・塩コショウを加えて火を通します。

5・赤い部分が無くなってきたら、トマトを加えて3分ほど中火で炒めます。

6・ナスとバジルソースを加え、1分ほど全体を軽く混ぜて和えます。

7・器に移して完成です!

 

ポイントはトマトを先に入れて酸味を飛ばすことと、ナスの食感を残すために炒めすぎないことです。

 

バジル自体が野菜なので、ナスやトマトとも相性抜群なんですよ。

また、バジルソースに味がついているので、そこまで味付けをしなくてもしっかり美味しい味になってくれるんです!

 

バジルソースの活用方法はパスタ以外にも沢山あって、お料理も楽しくなっちゃいますよね!

 

しかし、折角つくったバジルソース、沢山つくっても長く保存しておけるのか心配になりませんか?

 

自家製バジルソースはどのように保存したらよいのでしょうか?

ここからはバジルソースの保存方法についてお伝えします!

 

関連記事

 

バジルソースの保存方法!期間はどれくらい持つの?

自分好みの分量が見つかったら、バジルの葉が元気に育つ夏場に大量に作って保存しておきたいですよね!

 

バジルソースは「生の葉」を使用しているので、そのままでは傷みやすくなっています。

自家製バジルソースを保存する場合、必ず密閉できる容器を使用し冷蔵庫で保存してくださいね。

 

またその場合、使う都度オリーブオイルで上澄みを作って空気に触れさせないように気をつけてください。

つくったバジルソースは、冷蔵庫で2週間程度なら保存できます。

 

また、冷蔵庫であれば1カ月ほど保存が可能です。

なので、大量につくった場合にはフタつきの製氷器に入れて氷のように冷凍すると、使いたいときに使いたい分だけ取り出せるので便利ですよ!

 

パスタなどで多めに使う事が多い場合には、フリーザーパックなどで平らにして冷凍させましょう。

冷凍庫内でもかさばらずに保存ができてスッキリしますよ。

 

この方法なら大量につくった自家製バジルソースを、いつでも使うことができますよね。

様々な料理に活用して、一年中自家製バジルソースを楽しんじゃいましょう!

 

それでは、バジルソースについていろいろとお伝えしましたので、最後にまとめましょう。

 

関連記事

 

まとめ

今回はバジルソースの作り方・使い方・保存方法についてお伝えしました。

 

少ない材料で、松の実無しでも簡単にバジルソースを作ることができますよ!

また自家製バジルソースはパスタだけでなく、お野菜やお肉とも相性ばっちりです。

 

生のバジルをつかったソースは傷みやすいので、必ずオリーブオイルを追加しながら冷蔵庫で保存しましょう。

また長期間保存する場合には冷凍がおすすめです!

 

みなさんもいろいろな料理に活用できる、自分好みのバジルソースをつくってみてくださいね。

 

おすすめ記事

 

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*